活動レポート写真(2003~2009年)

 

2009年活動レポート写真

2009年活動レポート写真
 
中国・四国・九州・沖縄労金労組/全労済労組西日本総支部第2回定期連絡会議
会議の様子
会議の様子
会議の様子
会議の様子
会議の様子
中国・四国・九州・沖縄労金労組/全労済労組西日本総支部第2回定期連絡会議の説明
6月26日、中国・四国・九州・沖縄労金労組/全労済労組西日本総支部第2回定期連絡会議が開催され、全労金から末留書記次長、中国労金労組から児玉副執 行委員長・梅田書記長、四国労金労組から大田執行委員長・土居書記長、沖縄労金労組から宇地泊書記長、全労済労組から津田副執行委員長、全労済労組西日本 総支部から佐伯執行委員長・富樫書記次長・竹下書記次長・赤﨑書記次長、単組から神崎・阿納・中村が参加しました。
議題は、①2008年度の特徴的な活動報告、②平和行動の開催、③2009年度運動方針について、④2009年度定期連絡会議の開催について、⑤その他。
①では、各単組の特徴的な活動報告を行い、認識を共有しました。
②では、「ヒロシマ平和行動」、及び、「長崎平和行動」の開催要領を披瀝し、認識を共有した上で、全労済労組西日本総支部との連携した取り組みについて議論を行い、共催による開催とすることを確認しました。
③では、各単組の2009年度運動方針に関して、特に全労済労組西日本総支部との連携した活動に関する考え方について報告を求め、認識を共有した上で、 ⅰ平和行動、ⅱ諸集会の参加、及び、共同開催、ⅲ相互間の大会激励、について議論を行いました。ⅰでは、今後も連携した活動を継続することを2009年度 運動方針に掲げた上で、具体的な内容は、2009年度第1回定期連絡会議で議論することとしました。ⅱでは、2009年度第1回定期連絡会議において、各 単組の開催する諸集会を披瀝し、共同開催等について議論するとともに、地域における連携した活動についても議論を行うこととしました。ⅲでは、各単組の大 会・中央委員会への参加、及び、メッセージの送付を確認しました。なお、全労済労組西日本総支部の中央委員会への参加や労金労組からのメッセージの取りま とめは、九州労金労組が行うこととしました。
④では、2009年度第1回定期連絡会議を、10~11月の期間で開催することを確認し、詳細については、九州労組・全労済労組西日本総支部で検討することとしました。
九州労働金庫労働組合
〒810-0074
福岡県福岡市中央区大手門3-3-3
TEL.092-714-7032
FAX.092-724-3438

───────────────
【2017年度】
リングプル 
30kg
ペットボトルキャップ 
130kg
 
【総収集量】
リングプル 
620kg
ペットボトルキャップ 
2295.5kg
(2018年1月9日時点)
<<九州労働金庫労働組合>> 〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-3-3 TEL:092-714-7032 FAX:092-724-3438