熊本支部写真

 

熊本支部写真

熊本支部写真
 
2015年度熊本支部青年層集会を開催しました!
2015年度熊本支部青年層集会を開催しました!の説明
 6月4日、熊本支店6F会議室にて、『熊本支部青年層集会』を開催した。内容は、①支部長挨拶、②青年代表幹事挨拶、③他支部青年委員講演「労働組合の意義と組合員の役割」、④支部役員、新入組合員、地域役員紹介、⑤沖縄平和行動参加者報告、⑥東日本大震災関連、⑦環境活動に関する学習、⑧政治活動に関する学習、⑨分散会、⑩分散会報告、⑪単組青年委員会三役との意見交換、⑫支部まとめ、⑬青年代表幹事まとめ・団結ガンバロー。
 ①では、山室支部長が、熊本地震について、本集会の位置付けを交えながら支部を代表しての挨拶を行なった。
 ②では、冨田青年代表幹事が、支部青年幹事会活動方針を交えながら、挨拶を行なった。
 ③では、本部支部の洲鎌青年委員が、「労働組合の意義と組合員の役割」をテーマに、労働組合がなかったらどうなるのか、また、九州労組がどのような権利を勝ち取ってきたのかを交えながら講演を行ない、一人ひとりの主体的な行動が大事であることを訴えた。
 ④では、それぞれが自己紹介を行なった。
 ⑤では、5月13日~16日の沖縄平和行動に参加した久連松熊本分会長より、行動概要、自身が感じたこと、得たことについて報告を行なった。
 ⑥では、田中青年幹事が、ビデオを交えながら、震災後5年がたった現状と今後について講演を行なった。
 ⑦では、中村青年幹事が、節電・省エネの取り組みについて、連合方針である「ピークカットアクション21」、熊本支部選定目標を中心に講演を行なった。
 ⑧では、坂本書記次長が、自作PPを使用し、政治活動の必要性と、第24回参議院選挙への参加を要請し、考えを共にする労働者の代表を国会に送り出そうと訴えた。
 ⑨、⑩では、5班に分かれて、講演を受けての感想や、分会や社会における課題とその解決策について議論を行った後、各班代表が発表を行なった。
 ⑪では、穴井青年委員会議長が活動方針を披歴し、意見交換を行なった。今後の「平成28年熊本地震」に対する対応について質問があり、現状報告と今後の対応予定を加藤書記長が行った。
 ⑫では、1日のまとめを加藤書記長が行った。
 ⑬では、冨田青年代表幹事が閉会を行い、団結ガンバローを行い、今後も一致結束して主体的な行動を行うことを誓い合った。
九州労働金庫労働組合
〒810-0074
福岡県福岡市中央区大手門3-3-3
TEL.092-714-7032
FAX.092-724-3438

───────────────
【2017年度】
リングプル 
30kg
ペットボトルキャップ 
130kg
 
【総収集量】
リングプル 
620kg
ペットボトルキャップ 
2295.5kg
(2018年1月9日時点)
<<九州労働金庫労働組合>> 〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-3-3 TEL:092-714-7032 FAX:092-724-3438